フィードバック 医療用語

フィードバック・フィードフォワードは以下の意味を持つ。 ~理学療法学事典より引用~ フィードバック(Feed back): フィードバックとは、ある目的のために反応を起こし(原因)、結果が目的と一致すれば終了し、一致しなければ修正するということ。 すなわち、原因から導かれた結果を、原因に反映させること。 フィードフォワード(Feed forward): ある目標の達成のために結果から誤差を修正していくフィードバック制御に対して、ある目標の達成に向けて、常に変化する状況を情報として取 … 循環器診療で繁用される用語を中心に、最新の研究理解に必要な用語も加味し編簿された「循環器用語ハンドブック(web版)」から、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(raa)系を解説しています。 ず運動が行えるようになっていく。, また、PNFを例にすれば「リズミックスタビライゼーション」と「スタビライジングリバーサル」の違いをフィードバック・フィードフォワードに置き換えると理解が深まるかもしれない。, この「運動の結果の予測(フィードフォワード情報)」と「実際の感覚フィードバック情報」が比較・照合され、誤差があれば、それに基づき運動指令が修正される。, 脳はこの誤差を小さくするように、運動を学習していき、感覚フィードバックに頼らない予測的運動制御モデル(内部モデル)を脳内に作り上げる。, 先ほどの電車の例では、「電車は、この程度揺れるものだ」というフィードフォワード情報を持っていたとして、実際の揺れが予想をはるかに上回るものであれば、あなたはバランスを崩しそうになるだろう(それでも何とか感覚フィードバック情報によって踏みとどまれた)。, でもって(重複するが)、脳はこの誤差を小さくするように、運動を学習していき、感覚フィードバックに頼らない予測的運動制御モデル(内部モデル)を脳内に作り上げる。, つまり、「この電車は、自分の予想をはるかに超える揺れを起こすのだな」といった『新たなフィードバック情報(予測的運動制御モデル)』を脳内に作り上げるといこと。, この様に、「フィードフォワード情報」と「実際の感覚フィードバック情報」が比較され、誤差があれば、それに基づき運動指令を修正・更新しながら学習していくことを『フィードバック誤差学習』と呼ぶ。, この『フィードバック誤差学習』が繰り返されると、その運動について正確な内部モデルが構成され、正確な運動ができるようになるだけでなく、やわらかで(関節スティフネスが小さく)、なめらかな運動ができるようになる。, フィードバック誤差学習は、比較的運動時間が短く、正確さを要する熟練運動の運動学習をよく説明することができる。, 運動療法との関連では、例えば脳卒中片麻痺の場合、病前(脳卒中を発症する前)に構築されたフィードフォワード情報があてにならない。, なので、内部モデルで運動指令を計算しても、意図したしたとおりの運動を実現することはできない。, したがって、片麻痺が存在する状態で意図したとおりの運動を実現するには、それらの要素を含んだ内部モデルを構築し直す必要がある。, そのため、多様な運動課題を繰り返し練習して、内部モデルを再構築しなければならない。, ※多くの感覚フィードバックをリハビリで取り入れることで『フィードバック誤差学習』を起こすことは重要となる。, 病態失認では、運動の意図もフィードフォワード情報も構築され、実際の感覚フィードバックも入力されるが、このフィードフォワード情報とフィードバック情報を正しく比較・照合することができなくなっている。, ※あるいはフィードバック情報と比較して、運動の意図やフィードフォワード情報が優勢となり、フィードバック情報が無視されるために生じると考えられている。, 徒手療法の技術は練習を重ねることにより、それらパターンをあらかじめ大脳基底核、小脳歯状核や小脳中位核にプログラムし、随意運動を意図した時に直ちにそのプログラムによるパターンが発生するようになる。, 過去の経験によって手に入れたフィードフォワードの内部モデルは小脳にあり、学習後はここからの命令によりフィードフォワードに切り替わる。, 目標を持ち、それに近づいていこうとフィードバックを誤差学習によって繰り返し、内部モデルが形成されれば、その後はそれを使ってどうすればよいか予想される。, フィードフォワードが出来るまでには正しい技術の学習を何度も何度も繰り返して行わなければならない。, 徒手療法の治療技術は、練習を繰り返すことで小脳で最良なパターンがプログラムされるようになり、その機構により治療が行われる。, そして、指導者によるフィードバック(指導者に施術してもらって、その施術を体験することも含む)がなければ、技術の向上はあり得ない。, 少なくとも初学者は、徒手療法は教科書・動画を学ぶだけでなく、指導者のもとで実技指導を受けることは重要となってくる。, ※徒手療法の熟達者であれば、教科書や動画と、今まで自身が蓄積してきた徒手療法技術を照らし合わせることで(ある程度のものは)習得可能となるかもしれないが。, ここで解説した『教師あり学習(フィードバック・フィードフォワード)』以外にも学習理論は存在し、それらは以下の記事でまとめているので興味がある方は観覧してみてほしい。.

1 ある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。電気回路では出力による入力の自動調整機能、生体では代謝・内分泌の自己調節機能など。, 3 顧客や視聴者など製品・サービスの利用者からの反応・意見・評価。また、そうした情報を関係者に伝えること。「現場からのフィードバックを設計に反映させる」「アンケートの結果を担当部門にフィードバックする」, 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 07:49 UTC 版), フィードバック(feedback)とは、もともと「帰還」と訳され、ある系の出力(結果)を入力(原因)側に戻す操作のこと。古くは調速機(ガバナ)の仕組み[1]が、意識的な利用は1927年のw:Harold Stephen Blackによる負帰還増幅回路の発明に始まり、サイバネティックスによって厳密に体系化されて広められた。システムの振る舞いを説明する為の基本原理として、エレクトロニクスの分野で増幅器の特性の改善、発振・演算回路及び自動制御回路などに広く利用されているのみならず、制御システムのような機械分野や生物分野、経済分野などにも広く適用例がある。自己相似を作り出す過程であり、それゆえに予測不可能な結果をもたらす場合もある。21世紀に入り、多種多様なサービスで不可欠になった情報システムも、フィードバック制御を前提として開発されている。, フィードバックのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA). (C)2020 All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 人間は『随意運動』によって運動を起こすのだが「運動が自分の意図したとおりに行われているか」の調節が必要であり、, でもって、ゆっくりした運動は、運動による全身の変化を固有受容器や視覚からの情報を中枢に送り、そして再調節しながら運動を行っていく『フィードバック制御(閉ループ制御)』を受ける。, 一方、運動が素早く行われるためには、運動する前から前もって運動の結果までが予測され、プログラムされているという『フィードフォワード制御(開ループ制御)』を受ける。, 例えば、姿勢制御では、外乱を検出してから反応するフィードバックだけではなく、あらかじめ予測される外乱大きさから必要な運動出力を決定するフィードフォワードが必要である。, ※フィードバック時間の遅れなどの理由により、フィードバック制御だけでは速い運動を制御することは理論的に不可能とされている(つまりフィードフォワード制御が必要)。, その際、身体が動揺しない望ましい状態と実際に後方に動揺して転倒しそうになった状態との差を検知して、望ましい状態に戻そうとするのが『フイードバック制御』である。, これに対して、運動に習熟した場合、出っ張りに乗りあげたときの身体の動揺すなわち外乱を予測し、それを打ち消すように姿勢を準備しておくことが可能となる。, この例では、外乱による身体の後方動揺を相殺するために、出っ張りに当たった瞬間に身体を前方に傾斜させることになる。, 運動学習の観点からみれば、フィードバック制御を反復しながら新しい運動を学習し、次第に運動プログラムが完成してフィードフォワード制御に至ると考えられている。, 電車が瞬時に激しく揺れた場合、「フィードバックによる姿勢制御」のみならず、揺れる前からの姿勢制御(フィードフォワード)、つまり「この電車は急に揺れる。その揺れはこの程度だがら、これくらい踏ん張らなくちゃ」といった外乱の予測が転倒しないためには重要となる。, ちなみに、立位姿勢で両側の素早い肩関節の屈曲を行うと、三角筋(前部線維)の収縮の前に、姿勢筋である大腿二頭筋や脊柱起立筋が収縮し、体の動揺を抑えるための予測的な反応が起こる。, ※この姿勢筋の反応がフィードフォワードであり、この点は『予測的姿勢制御』として以下の記事でも解説しているので合わせて観覧してみてほしい。, 運動は遂行、修正され、ふたたび遂行の過程で学習されて、徐々に複雑な経路を介さ この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)現場で用いられる『アライメント(alignment)』について解説していく。アライメントとは?アライメントとは以下を指す。骨・関節の配列のこと。例えば以下な ... この記事では、リハビリ歩行時に使用されることの多い用語でもある『トゥクリアランス(toeclearance)』について解説している。トゥクリアランスとはトウクリアランスとは以下を指す。「歩行の振り出し ... 足部のアーチでは、内側縦アーチに着目して評価することが多い多くの評価方法があるが簡便な方法の一つとして「フェイス線(Feiss線)」を指標とした評価が簡便である。この記事では、そんな「内側縦アーチの高 ... この記事では『膝蓋下脂肪体(IFP:infrapatellafatpad)』について解説している。膝蓋下脂肪体とは『膝蓋下脂肪体』は「膝蓋靭帯の深層に存在する脂肪組織」であり、関節包内や滑膜外に存在す ... この記事では「膝蓋上嚢(suprapatellaporch)」をイラストで解説していく。癒着により屈曲制限を呈しやすい組織なのでイラストで理解してみてほしい。また、膝関節周囲の脂肪体についても「大腿骨 ... とある研修会で以下のような発言があった。Mobilizationという用語は以下の様に国によって発音が異なる。アメリカ⇒モビライゼーション他国⇒モビライセーションでもって、上記はどっちも正しいとの事。 ... 早速だが、質問をしてみる。以下のうち、誤っているのはどれだろう?1.興奮は両方向に伝わる。2.興奮は太い線維ほど速く伝わる。3.有髄線維では跳蹴伝導が起こる。4.興奮は隣接する別の線維に伝わる。5.興 ... この記事では、有髄線維と無髄線維を解説している。神経線維とは有髄線維・無髄線維について記載する前に、神経線維について解説していく。神経線維とは以下を指す。軸索とそれを包む鞘を総合した名称でもって神経線 ... この記事では、神経線維に関する「構成」や、種類(伝導速度や閾値などによる分類)を解説していく。 神経線維とは神経線維とは以下を指す。軸索とそれを包む鞘を総合した名称でもって神経線維には、以下の種類があ ... この記事では神経細胞(ニューロン)についの各名称を記載していく。神経細胞とは神経細胞は、『細胞体』と『神経線維(=軸索+α)』から構成される。でもって、細胞体の末端にある『樹状突起』と、(別の神経細胞 ... 徒手理学療法(マニュアルセラピー)に関しては、姉妹サイト『筋骨格系理学療法の世界』にも情報をまとめているので、興味がある方は合わせて観覧してみてください。, ブログの趣旨や始めるきっかけは「トップページ」を参考に。あと、このブログより前に始めたサイト『筋骨格系理学療法の世界』を作成した経緯「サイトの趣旨」も合わせて観覧してもらうと、もう少し詳しいプロフになるかもです。, 【オーディオブック比較】audiobook.jp VS オーディブル(amazon) どっちがおススメ?.

フィードバックは、もともとはITや工学の世界で何らかの出力されたものを修正、調整など改善をするために、入力した側に返すこととして使われていました。 フィードバック(英:feedback)とは、ある系の出力を入力側に戻す操作のこと。Weblio国語辞典では「フィードバック」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。 All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。, All text is available under the terms of the. フィードバックという言葉はもともと制御工学の分野で使われていたもので、「出力したものを入力側に戻し、出力の増大・減少(制御)を行うこと」という意味合いの言葉でした。 フィードバックには正負の両方があります。まずは負のフィードバックから説明しましょう。負のフィードバックとは、体内の器官系が現在生じている過程を緩めたり、あるいは完全に停止させたりする必要がある時に起こります。食事をすれば、食物は胃の中へと入り、消化 All Rights Reserved.

この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)で馴染み深い用語である『フィードバック』と『フィードフォワード』に関して記載していく。, この記事を観覧することで、フィードバックとフィードフォワードの違いを何となく理解してもらえると思う。, フィードバックとは、ある目的のために反応を起こし(原因)、結果が目的と一致すれば終了し、一致しなければ修正するということ。, ある目標の達成のために結果から誤差を修正していくフィードバック制御に対して、ある目標の達成に向けて、常に変化する状況を情報として取り入れ、フィードバックせずに将来の変化を予測しながら方法を変化させていくことをフィードフォワードという。, 新たに運動プログラムを作成しながらの運動遂行では、目的とする運動と遂行されている運動の誤差を検知し修正しながらの運動制御が行われることになり、 これをフィードバック制御(feedback control)という。, すでに作成され記憶された運動プログラムを使用するのは、運動学習が完成された状態と考えられ、この運動制御はフイードフォワード制御(feedforward control)といわれる。. 最近ではビジネス用語として広く使われるようになりました。ビジネス用語でいうフィードバックとは、“行動したことによる結果を伝える事”です。 行動した事象に対しての結果から、何を改善すべきか、どこが良かったのかを伝える事で人材育成や部下育成を目的としたマネジメント手法… Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd.

グウェント 攻略 ウィッチャー3, 大江裕 エチオピア, Broad Wimax 発送前 キャンセル, ゲオセール 2020 お盆, 氷川きよし カバー曲, プチプラ インテリア雑貨, ハーマンミラー オフィスチェア, Speed Wi-fi 5g X01, 錦織圭 嫁, ジョイフル本田 ひたちなか 宝くじ, 佐藤隆太 柳沢慎吾, 花燃ゆ 評価, Ikea 解体サービス, 宝くじ 75周年 当選番号, きんだんボーイズ いっくん, 台風 2ch, アウトレット竜王 コロナ, ソファーベッド リクライニング 修理, 婚礼タンス マンション, ドリームジャンボミニ 当選確率, プチプラ 雑貨屋, 宝くじ ネット購入 贈与, 黒人大統領 映画, 龍が如く7 光と闇の行方, ソファー ウレタン ホームセンター, 家具 カタログ あつ森, ニトリ 日本橋, ダイイングアイ 再放送, 楽天 宝くじ 共同購入, ダイニングチェア 4脚セット 安い, ウィッチャー3 旧友 ゾルタン, 赤見内 銀次, ダイニングチェア コンパクト おすすめ, 無印 リビングでもダイニングでも クッション 交換, ダンデライオンチョコレート おすすめ, Iphone Se 在庫 アップルストア, 音楽チャンプ 曲 一覧, オクトパストラベラー Pc 操作, 東京インテリア キャンセル, 角取ポニー ボコボコ, 院 フォー シーク, グウェント おすすめデッキ, 2ch 芸 スポ, みなとみらい 駐車場 無料, ハイバックソファ 一人, ソフトバンクホークス 投手,